« 東京と名古屋 その3 | トップページ | マスコミの責任 »

仕事は創り出すもの

仕事は待つものではない (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「仕事がない」

 最近、名古屋ではメーカー経営者から聞かされる言葉です。確かに製造業は場所を固定する設備があります。そのため今行っている業務の方向を切り替えにくいと思います。そして目の前のもの=設備に発想が縛られることも人間の性です。致し方ないしょう。だから既存の仕事の流れか止まればそこから抜け出す考えにはならず、じっと時を待つことを選ぶ。その心から出る言葉が「仕事がない。」となります。

「人脈を変える」

 通常、同業の人と話す機会が多いとは思いますが、発想を変える必要がある現在、会う人を変えて、新しい業界やグループの考えを拾うことで、視点を見直すことが重要です。地域・年齢・性別・民族等異なる世界では視界が全く違うものです。仕事がないときは人脈を変えてみると打開され、ものが見える。これは自分自身の体験です。

「人と腹を割って話す」

 日本人が苦手と言われる領域ですが、酒の席では一変します。酔って馬鹿になって本音が通じれば、仕事の話はついでに決まります。世間には酒を一滴も飲めないが、ウーロン茶一杯で酒乱に変身できる達人が沢山居ます。これすべて本音トークをするための気合・間合と見ます。酒がどうしても駄目な人はゴルフや釣で馬鹿を実践している先輩から技を盗めばよい。そうすれば、本音で付き合えるでしょう。

「すべてに興味を持つ」

 世の中の常識一切を疑って視点を変えると、仕事の新しい切り口が見えて、新業務が開拓されます。一度目に断られても次週に違う切り口の話で再度行くと、同じ商品が発注されるのはざらにあります。売る方も買う方も皆アイデアやサービスの使い方に気が付かないだけです。いかなることにも興味を持てば、気付きが増えて、仕事の題材はいくらでも出てきます。

「Stay hungry,stay foolish」

 昔「全地球カタログ」というすぐれものの出版物がありました。その執筆者スチュアート・ブランドはその締めくくりで「Stay hungry,stay foolish」と言っていました。心はいつもハングリーにして夢を追い求めよ。決して利口になるな。と。こうすればきっと仕事から自分に向かってやってきます。

|
|

« 東京と名古屋 その3 | トップページ | マスコミの責任 »

心構え」カテゴリの記事

コメント

本日、19日引越しですが、NTTの工事都合で昨日17時から本日12時まで停止です。転送通知も本日12時からで、不親切なNTTです。

投稿: 渡邊真人 | 2009.09.19 07:50

先ほど、御社の東京事務所にお電話したところ、電話がかかりませんでした。東京事務所は閉鎖した、もしくは倒産したという事はありませんでしょうか。

投稿: 007 | 2009.09.18 23:05

縦軸と横軸の関係みたいなものですね!
まっすぐに縦軸(仕事)のことだけを考えて嘆いていてはダメって事で。

投稿: はる | 2009.09.15 15:41

そうです。皆が納得し、実施してくれれば、すばらしい成果が出ます。

投稿: 渡邊 | 2009.09.14 04:01

「Stay hungry,stay foolish」
今こそ、この考え方なのかもしれないですね。

投稿: 加藤弘之 | 2009.09.13 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/45951327

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事は創り出すもの:

« 東京と名古屋 その3 | トップページ | マスコミの責任 »