« 東京と名古屋 その2 | トップページ | 東京と名古屋 その3 »

民主党の大勝

308議席でやるべきこと (朝礼スピーチネタ) 渡辺真人

「憲法改正です」

 平和憲法第9条は絶対堅持でかまいません。私は今、憲法改定権(2/3以上の同意)の修正しか、この閉塞状態から国が抜けることが出来ないと思います。9条の改定などの問題は変えない約束をするば論議可能と見ます。まず、憲法を衆議院議員の過半数で変えることが出来る仕組みにすることです。今やらなければ、日本国民は皆大変不幸な歴史に組み込まれます。

「憲法改定権は総議員の2/3」

 日本国憲法第96条第1項は、憲法の改正のためには「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」旨を規定しています。情勢変化に対応できない憲法ではなにも出来ない。まず、この規定を変えることを希望します。今回の選挙で、協力予定の党を入れて320議席、つまり2/3あります。今しかないと思います。

|
|

« 東京と名古屋 その2 | トップページ | 東京と名古屋 その3 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/46077038

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の大勝:

« 東京と名古屋 その2 | トップページ | 東京と名古屋 その3 »