« 1940年7月28日リトアニア大使杉原千畝氏を思う | トップページ | 責任者の資質 »

アイスクリーム

アイスクリームの科学 (朝礼スピーチネタ) 渡辺真人

「科学情報誌ネィーチャー」

 人から聞いた話なので、この本に載った論文を自分で読んだ訳ではありません。ここにアメリカのお金持ちに大腸がんが多い原因はアイスクリームであると記載されていた、と聞かされました。

「その理由」

 内臓を冷やし、消化活動が下がったところに大量の乳製品と「ヤシ油」が体内に入ってきて消化不良で大腸に届く。これが大腸を痛めつける。この結果、アメリカ人のお金持ちには大腸がんの発生率が2倍以上にもなっている。この論文はアメリカの乳製品協会が世間に広まらないように相当圧力をかけているそうで、一般には知られていません。

「アイスクリームも嗜好品(しこうひん)」

 材料は 砂糖・卵・ミルクにヤシ油。これらはダイエットの敵・血糖値アップ・乳製品アレルギーそして大腸がんの原因。・・・そうは言ってもタバコや酒と同じで、体に悪いものはやめれません。アイスを食べたあと、暖かいコーヒーを飲む。ずいぶん緩和されるようです。

ノンシュガー・ノンミルク・ノンエッグ・ノンコレステロール・ノンパームオイル」

 この新アイスは、マクロビオティック理論をベースに、砂糖、ミルク、卵を一切使用せず、またその他の原材料にも一切の妥協をせず、国産無臭大豆をベースに、そしてヤシ油を使わないまったく新しい製法で、ソフトアイスのようなまろやかなおいしさを実現しました。よってアイスクリームではないそうです。ここにも科学が入ってきています。

「マクロビオティック理論」

 日本生まれの食養生法◆ 日本では「正食」と呼ばれる「マクロビオティック」(=フランス語。英語では「マクロバイオティックス」)という言葉は、3つの部分からなりたっています。MACRO(大きな)・BIO(生命の)・TIQUE(術)をつなげて、「生命を大きな観点から捕らえた健康法」という意味になります。「マクロビオティック」を現在のように確立したのは、故桜沢如一氏(海外ではジョージ・オーサワとして知られている)です。桜沢氏は、日本に古くから伝わる食養生と、東洋思想のベースとなる「易」の原理を組み合わせて、「玄米菜食」という自然に則した食事法を確立し、世界に広めました。すべての健康な肉体と精神、病気は食べ物と環境からくるものであり、現代人の多くが病んでいるのは、食の過ちによるという考え方です。

|
|

« 1940年7月28日リトアニア大使杉原千畝氏を思う | トップページ | 責任者の資質 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/45802132

この記事へのトラックバック一覧です: アイスクリーム:

« 1940年7月28日リトアニア大使杉原千畝氏を思う | トップページ | 責任者の資質 »