« 蝶 | トップページ | 都議選の結果による政権交代は末期症状 »

陰陽五行

陰陽五行に沿った仕事観 (朝礼スピーチネタ)渡辺真人

「陰」

 陰とは、内なる力を現す言葉。精神や知恵が持つ内なる力を指し、その力は無限となる可能性を持っています。仕事においては技術やサービスに当るもので、「変化・発展」し続けるものです。ご存知のように技術は絶えず変化発展を続けるものであり、技術向上はイノベーションそのものです。そして技術を自分で理解し納得をするためには、絶え間ない継続努力が必要ゆえ無限の可能性を持っているものです。

「陽」

 陽とは、外に向かう力を現す言葉。体が持つ外向きの力。外への力はコントロールしないと他人の力とぶつかりもめ事を起こします。ゆえに、力が出せる領域は不変または廻るのです。仕事においては経営や営業に当り、昔から「不変・循環」しています。たとえば、会社を構成する人は変わらない。景気は変わっても元に戻ってきます。流行はさらに顕著です。ドラッガー氏の言葉でマーケティングに相当します。陰陽はいつも表裏一体で、うまく使うことで人や会社を大きくしていきます。

「五行」

適時:いつ         天
適所:どこ         地
適材:誰・何(商品等)  人
適量:いくつ
適価:いくら
 以上が分析・マーケティングの基礎基準情報となります。孔子の後、孫子の兵法で重視され、2500年経った現在に通用する情報収集や対処の基本概念です。

「一源」

 さらにいかなる事にも最終目標が必要です。これを昔は「一源」と言っていました。一源陰陽五行をまとめることで、一貫性を持って仕事をすることを古典の時代から推奨して来たのです。

「蔵人社の一源陰陽五行」

 蔵人の「一源」;活きの良い購買歴と個人属性をベースにしたマーケティングや消費動向予想を狙う。各クライアント売上向上目標を支援すべく、陰陽五行を活用します。「陰」;いかなる情報端末からも情報を取り上げるインフラ技術。「陽」;ポイントを入口とし、顧客購買情報の有効活用を向上させるクーポンDMの活用。さらに使い捨てギフトカードを使った新マーケティングの提案。「五行」;統計資料のように古い情報ではなく、最長でも1日前の購買情報を使った活きの良いマーケティング。

 以上を念頭に、蔵人社はクレジット決済専用網を利用した安全安定し且つ低廉なインフラ提供と、活きたマーケティングを提供することで、新しい個人情報活用市場を創造し、社会の役に立っていきます。

 

 

|
|

« 蝶 | トップページ | 都議選の結果による政権交代は末期症状 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/45535432

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽五行:

« 蝶 | トップページ | 都議選の結果による政権交代は末期症状 »