« 飛翔体とは | トップページ | 草彅剛氏の酔っ払い騒ぎ »

男らしさ

フラれる事が男の条件 渡辺真人

「動物世界の求愛」

 動物世界において、♀は自分の嗅覚に合う♂以外を断ることが本能、生まれ持った能力であり、気に入らない♂の求愛を断る。そして寄って来た♂を見極め選び続けます。♂は子孫繁栄に繋がる♀にたゆまず求愛することで、子孫繁栄を図ることが本能、本来の能力であります。何度♀に振られようと、他の♂に力負けしようと、決して諦めないことが強い♂の基本です。

「男女区別」

 日本は現在世界で唯一の男女平等憲法を持ち、ゆとりの教育世代では平等重視で、男女の垣根が相当低くなっています。これが原因で男子が草食動物(肉を食べず、おとなしい)化し、女子が肉食動物(自ら獲物を襲い、猛々しい)化したと言う説が週刊誌に書いてありました。本来の動物的本能が異なる男女ゆえ、もっと区別し、もともとある男の生命力を強くすべきであろうと。それによって結婚が増える?

「男の沽券」

 以前、このブログにも記載しましたが、沽券とは、江戸時代の売り渡し証文で町人の身分を象徴する物であり、男の沽券とは男の象徴なるものです。自分たちの20代に於ける沽券は、1、クルマ 2、酒 3、タバコ 4、ギャンブル 等々が相場でした。これが出来なければ一人前の男ではない、などと言われたものです。なお、今になってこの男らしさがモテる要因で在ったか記憶が現在定かではありません。

「大人になった20代」

 今の男の主流は、1~4を無駄なことと否定し、真面目に貯金をする傾向のようです。これは情報の発達のために見た気ややった気になって居て金が掛かることに手を出さない。その上、将来不安で、給与が将来必ず上がる保証が感じられないこと等が理由ではないでしょうか。さらに無駄なことはスマートではない故、女性に映ると最終的にモテないと思っているようです。結局女性の希望に沿うことがモテることと受け取っているようで、そのため、大人らしい発言をする原因ではないでしょうか。

「フラれることが男の基本」

 最初に書いたように男はフラれ続けることが生き物本来の運命であり、フラれ続けることによって精神が鍛えられると思います。結果落ち込んだときに、酒やギャンブルで気を紛らす。そこで失敗をして社会の掟を身をもって知ること、これが若い時には重要な体験であると思います。余り早く大人になると、年を取ったときに男性としての人間の厚みも不足し、本物の男として生命力が弱い気がします。男女区別なる違いを若いうちに身をもって知っておくことです。歳をとれば判りますが、女性と同じ人生観を男性はなかなか持てないと思います。

|
|

« 飛翔体とは | トップページ | 草彅剛氏の酔っ払い騒ぎ »

心構え」カテゴリの記事

コメント

読んでそういうことかと、感じました。一昔前の腕時計みたいなものですね。そして20年前ケータイを持っているステイタスがなくなったことと重なっているとも感じます。私の小学校時代は自宅に電話が引いてあることがステイタスであり、シャワーがあることが憧れでした。車も「3ナンバー」の夢がありました。そしていざ手に入れると興味が失せていた自分がいます。きっとそういうことが車に起こっていますね。コメントありがとう。

投稿: 渡邊真人 | 2010.02.03 07:29

たびたび、コメントします。かつては男の沽券であったクルマに関して、とあるブログのコメント欄で24歳女性の大変示唆に富むコメントがあったのを記憶しているので、その記憶をもとに私個人の意見も述べさせてもらいたいと思います。
その24歳女性によれば、クルマというのは単なる日用品に過ぎないために、「クルマを持つ男をかっこいい」というのはいわば「洗濯機や冷蔵庫を持っている男がかっこいい」と言うのと同じだというお考えだそうです。
私もこれに同感します。高度経済成長の時代は日本は工業化の時代を突き進んでいたので、工業化の主役であるダムや道路そしてクルマは、その存在自体がかっこよく感じられたのでしょう。現在では無駄なダムや道路に対する世論の批判が強いですが、よくよく考えてみればこのような批判も割と最近出てきたもので一昔前にはあまりなかったと思います。クルマについても工業化が終わった現代の日本社会では批判の矛先を向けられるケースが今後増えていくのは不可避だと思います。
工業化の次に現れたのが情報産業です。情報産業の主役はやはりパソコンであり、ケータイであることから現在の若者がこれらに興味を抱くのは決して不思議なことではないと思います。今後情報化の時代が終焉すればパソコンやケータイに対する若者の熱も冷めてくるのではないかと思います。
それとネット上でこの“クルマ離れ”について検索してみたところクルマ離れの原因は”個性的なクルマの減少”ではないかという意見がありましたが、私はそれは違うと思います。確かに一昔前のスポーツカーやデートカーが減り、逆に小型車や女性向けの車が増えたのは事実でしょう。しかし一昔前の車を復活させたらクルマ離れは解消するでしょうか。多分それは期待できません。
そもそも車は工業化の終焉とともに憧れの対象から単なる日用品に格付けが下がってしまったのです。つまり24歳女性の意見を参考にするなら、「個性的なクルマがほしい」と言うのは「個性的な洗濯機や冷蔵庫がほしい」と言っていることに等しいと思います。そう申し上げると40代50代くらいのおじさんはショックを受けると思いますが、これが現実でありそして時代の変化なのだと感じます。

投稿: 21歳男性 | 2010.02.03 01:25

自分の子供より若い人のコメントがもらえてうれしいです。今の社会は生きることのリスクが相当管理されていて、日々の中において、命の危険がさらされることが大きく減りました。そして情報があふれかえり、生きる事実が見えにくい気がします。若い人の興味の中心がフィジカル的肉体からどんどん遠くなっているような世代に感じています。

投稿: 渡邊真人 | 2010.01.28 07:32

はじめまして、21歳男性です。
「男はフラれ続けることが生き物本来の運命」であるというご主張には賛同します。私は現在大学生ですが私の身の回りにも二股が発覚して彼女から永遠の別れを宣告された男が存在します。私自身も若い女性にふられた経験は何度かあります。
ただその時のストレスの発散方法が20年30年前と現在では若干違ってきているのでしょう。「酒やギャンブルで気を紛らす。」というのは一時代を築いた価値観の象徴的存在だったのかもしれません。しかし現在ではブログや2ちゃんねるへの書き込みによって自分の苦しい心境を吐露することができます。もちろん酒やギャンブルと違って書き込みに関しては料金を請求されません。(もちろん節度は必要ですよ。)
また「余り早く大人になると」と仰られていることからして、おそらく管理人さんは現在の若者が大人し過ぎるのではないかと考えていらっしゃるのかと思いますが、もしそうであるなら今後職場などで「最近の若い者は・・・」とは一切言わないで下さい。若者は管理人さんが考えていらっしゃるほど大人ではありません。未熟であり、年長世代と価値観を共有できない存在なのです。

投稿: 21歳男性 | 2010.01.28 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/44684841

この記事へのトラックバック一覧です: 男らしさ:

« 飛翔体とは | トップページ | 草彅剛氏の酔っ払い騒ぎ »