« これから明るい日本 | トップページ | 会社の寿命;企業の繁栄は、たかだか30年(日経ビジネス1983年9月19日号より) »

人に教えることの重要性

講師の視点から 人材育成の難しさ 渡辺真人

「九徳」

 九徳とは、次の9つの行動指針です。この考え目指す姿が人に教える人の理想と思われます。1、寛にして栗(りつ);寛大だがしまりがある。2、柔にして立(りつ);柔和であるが仕事はきちんと処理できる。3、愿(げん)にして恭;まじめで堅いが、丁寧で人当たりが良い。4、乱にして敬;問題を治める力を持っていながら、慎み深い。5擾(じょう)にして毅;おとなしいが、本質は強い。6、直にして温;率直ながら温和。7、簡にして廉;おおまかであるが、しっかりとしている。8、剛にして塞(そく);力が強く勇ましいが、内側の守りが堅い。9、彊(きょう)にして義;強くて押しがあるが義を尊ぶ(弱いものいじめをしない)。

「矛盾」

 九徳の文字は読むだけでは矛盾しています。たとえば、1つめの寛大であって厳しく締める。当然同時に実施は出来ません。これが人への教え方の基本となります。これはピアノの弾くとき、手首の力はいつもは抜いて、腱をたたくときは力強く弾く。こういった演奏の機微に通じるものです。場面によって、緩やかさと、瞬間的強さが1つの動きになる必要性を説いています。そして、9つめにある指針、強い者は弱い者に力で強要しないことはとても重要な考えです。

「教育者の必要条件」

 人にものを教えるには「人望」「人徳」が重要な必要条件と思います。この条件が九徳なのです。九徳と反対の人間像は以下のようなイメージです。1、せこせこうるさいくせに、しまりがない。2、とげとげしいくせに、仕事が出来ない。3、不真面目なくせに、尊大で取り付くしまがない。4、問題が治めれないくせに、態度が大きい。5、粗暴なくせに気が弱い。6、率直なものを言えないくせに、内心は冷酷である。7、こまごまと干渉するくせに、全体がつかめていない。8、見た目が弱く、中身もない。9、弱いくせに、悪人である。

 こんな人に物事を教えることは出来ません。普通の人は「九徳」とこの反対イメージの間です。こうやって自分の特性を冷静に見極め、行動することで、部下や新人の教育を始めることが出来るのです。

「教えることは学ぶこと」

 長年の仕事は、日々の慣れや習慣で処理できますが、人に教えることはその経験や慣れが教えの場で邪魔をします。いつも当たり前でやっていることは相手にとっては当たり前ではなく、かつイメージできないことばかりなのです。相反することをバランスして事を進めていることを、納得させることはとても困難なことなのです。自らその暗黙のバランスの生業を理解し言葉で説明できねば、相手を理解・納得させることが出来ません。教える前に自分が学びまとめることが必要であり、これが仕事や経験を深いものに出来る道と思います。これにより教えられた者から尊敬を得ることが出来るのです。

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« これから明るい日本 | トップページ | 会社の寿命;企業の繁栄は、たかだか30年(日経ビジネス1983年9月19日号より) »

心構え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/44130906

この記事へのトラックバック一覧です: 人に教えることの重要性:

« これから明るい日本 | トップページ | 会社の寿命;企業の繁栄は、たかだか30年(日経ビジネス1983年9月19日号より) »