« 新卒採用の浮き沈み | トップページ | 国立循環器病センターの報道問題 »

本日の新聞1面を見て感じたこと

経済の裏読み;的中率の低い予想 (朝礼スピーチ例) 渡辺真人

「トヨタの営業損益赤字予想記事」
 本日、中日新聞ではトップ記事、日経新聞では2番目の記事でトヨタの営業損益赤字予想が出ていました。期を照らすように日銀の会議が開かれます。ここでゼロ金利やCP(コマーシャルペーパー)の買取が話されます。トヨタはこの機会に米ドル為替市場への介入をしろ、と圧力を掛けたのではないでしょうか。自分たちは1ドル85円でもやれるが、せめて100円ラインの円相場に戻せ。さもなくば税金は払えない。これを日銀はどのように受け止めるでしょうか。

「素人の意見」
 今世界は金本位制を取っていません。だから政府はお金を沢山印刷して市場に吐き出すことが可能です。印刷して市場にばら撒けば、市場にお金があふれ、経済は活性化します。通常円の価値が下がり円安になります。だから円高の今がタイミングです。今しか出来ない手段に思えます。あわせて、総額2兆円のお買い物券を国から家庭に渡す話があります。この金額に相応する3ヶ月間消費税を免除し、その期間の高額商品の税制免除をすれば、国家の支出は変わらないままで、経済効果が大きく変わると感じます。ただしこの行為により生じる課題は全く検討していません。無責任ながら、思いつきを記載しました。bleah


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 新卒採用の浮き沈み | トップページ | 国立循環器病センターの報道問題 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/43462987

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の新聞1面を見て感じたこと:

« 新卒採用の浮き沈み | トップページ | 国立循環器病センターの報道問題 »