« 本日の新聞1面を見て感じたこと | トップページ | 会社を守り、社員の生活を守る »

国立循環器病センターの報道問題

医師の言い分が見えてこない (朝礼スピーチ例) 渡辺真人

「人工心臓治験報道」
国立循環器病センターで人工心臓治験中死亡を受け、遺族不満を表明しました。これを受けて厚労省が調査委設置に動き出します。報道から、抜粋します。
国立循環器病センター(大阪府吹田市)で昨年春、補助人工心臓を埋め込む手術を受けた男性(当時18歳)が呼吸停止に陥った末に死亡した問題で、厚生労働省は18日、遺族側の要望を受けて、第三者による事故調査委員会を省内に設けることを決めた。厚労省が自ら事故調査に乗り出すのは極めて異例。同省医療安全推進室は「遺族に内部調査への強い不満があり、客観的な検証が必要と判断した」としている。

「遺族の言い分;病院信用できぬ」
 この問題で同センターは、内部の検討会で「医療事故ではない」との結論を出している。人工心臓の臨床データを取る治験への協力についても、17日に開いた会見で「家族の同意は得られていた」との認識を示している。これに対し遺族側は「急変時に医師は直ちに対応してくれず、原因の説明も一切なかった。検討会を開いたことすら教えてもらえず、調査は信用できない」と反発。厚労省に(1)治療の遅れが死亡を招いた可能性(2)センター内部の原因究明体制(3)本人と家族の同意も含めた治験の適正さについて、特に調査するよう求めている。調査委は来年1月中にも発足する。

「経過」
 患者は当時18歳の男性。心臓移植以外に助かる道がないとされる拡張型心筋症で、昨年春にセンターに入院した。センターは本人の同意を得て補助人工心臓の装着手術を行った。しかし術後、約2週間で容体が急変。一時、心肺停止となり緊急手術を受け蘇生(そせい)したが、脳へダメージがあり、意識不明のまま約1年後の今年春に死亡した。患者の両親によると、男性が意識不明になった後の昨年秋と今年2月、患者家族に対し、センターが治験継続の同意書に署名を求めた。昨年秋は母親が本人の署名を代筆したが、今年2月は、補助人工心臓装着の副作用として、脳血管障害が報告されたため、母親が「今回のこの文書に記された内容を理解(納得)することはできません」と記して提出し、口頭でも同意の意思がないことを伝えた。しかし、担当の治験コーディネーターや治験責任者の医師は真意を母親らに確認しないまま、治験が継続されたという。以上報道から抜粋しました。

「本音」
 治験と治療における問題と見ます。代筆の患者母親はその当時、治験の重要性を理解はしたが腹に落ちなかったのでしょう。治療をやめることはそのまま死ぬことであります。そこは理解納得していたと思われます。医者の目では患者に負担も掛からないから、「治験データ取得を続けます。」と言ったのではないでしょうか。母親は医者に嫌われることを恐れ、納得せぬまま、同意をしたと見ます。しかし、治験データを取り続けることの価値が納得できなかったのでしょう。よって納得しなかった同意を法的に争い始めたと見ます。

「医師の言い分」
 医者の間では治験と治療を正確に報道が分離していないと感じているようです。ほとんどの医者は人を救うことだけで頭がいっぱいであり、治療にわざわざリスクある新技術は使わないそうです。なぜなら一旦治療に新技術を使えばやめることが出来ない。今回は、心臓移植以外、最新技術に頼るしか救う手立てがない拡張型心筋症です。使わなければならない状況にあったのでしょう。そして新技術を使う以上、確実にデータを取って次世代開発に生かすことが治験の一部分で、重要な医師の業務と言えます。

「報道の無責任」
 しかし、そこを報道は一切触れない。これで調査委員会が制限をつけ、新技術開発が出来なくなれば男性が身を挺して残したデータは生かされず、死んでいった男性が浮かばれないことになります。テレビ出演者が発言したことは後日検証し、世間を騒がせた発言に罰金を科したい。が発言の自由がある。マスコミによって世間は暗くなるばかり。感情のもつれを社会問題にすると、アメリカのように医療訴訟ばかりになり、結局は患者本人が損をすることになります。


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 本日の新聞1面を見て感じたこと | トップページ | 会社を守り、社員の生活を守る »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/43492940

この記事へのトラックバック一覧です: 国立循環器病センターの報道問題:

« 本日の新聞1面を見て感じたこと | トップページ | 会社を守り、社員の生活を守る »