« 愛知県の不正経理問題を問う。 | トップページ | ビーシープロダクツ株式会社の事業観 »

ポイントを中心としたパーソナルマーケティング事業

ポイントインフラを核に顧客企業の売上向上・顧客囲い込みを支援します。 (朝礼スピーチ例) 渡辺真人

「ポイントは最も効率的なマーケティング手段」
 家電量販店、大手スーパーマーケット、レストランチェーンなど、今やどこのレジでも「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれる時代です。ポイントカードとは、購入金額に応じて付与されたポイントが次回購入時の割引に値することで、再来店・再購入の動機付けになるという販促の代表的ツールです。電子化されたポイントカードは、顧客囲い込みの手段というだけでなく、「誰が・いつ・ どのくらいの頻度で・いくら・どこで」購入したかというRFM情報、つまり個人の購買動向情報を手に入れることができる、最も効率的なマーケティング手段となってきたのです。

「クレジットカード端末による電子ポイントサービス提供」
 このような電子ポイントを使った顧客共有ネットワークは拡大の一途ではあるものの、現在、参入できるのはポスシステムを導入できる大手企業に限られているのです。代表格はJAL,ANA、TUTAYAこの3グループとなっています。システム運用にかかる費用やナレッジを持たない地域の小売店・サービス業では、昔ながらのスタンプカードやリライトカードなどで独自に顧客管理・サービスを行うというのが現状です。そうした小店舗をASPによるインフラでネットワーク化する新たなシステム、「クレジットカード端末による電子ポイントサービス」を開発したのが、蔵人です。

「ポイントに対応できる新型のクレジット端末」
たとえば、展開する地域で最も購読率の高いフリーペーパーの読者に、エリア内の加盟店をポイントサービスで結ぶ事業を展開していく場合、このシステムでエリアに密着したポイントネットワーク網をつくるのは、どこにでもあるクレジット端末が最適なのです。電子ポイントに対応できる新型のクレジット端末は、カード会社の戦略でスイカやエディに対応をするため、今設置が急に進んでいて、旧型の端末との設置交換もやりやすいのです。

「身近なエリアでの事業展開が始まっています。」
 地域の中核都市ではフリーペーパーが最も地域に密着した媒体です。その読者が自動的に会員になることで、加盟店への誘客が期待できます。また、これまで自分の店だけではできなかった様々な販促活動が可能になります。 カード会員・加盟店・出版社の三者でつくるこのサイクルが有機的に運ぶことで地域活性化の一助となる。このポイントカードシステムの活用によって地域が元気になればなるほど、蔵人の役割も大きくなります。。win・win・win+winのビジネスモデルが始まったといえます。加盟店は販促費の削減や新規顧客の囲い込みができ、会員は貯まったポイントを日常の買物で活用できるため生活費の削減になります。また、地域住民が生活圏でフルに使えるカードを地域住民が保有できるという特有性をもたせることで、地域にとっても大きなメリットがあります。蔵人はそこに『インフラ提供と運用支援』という立場で関わっています。

「地域住民を会員化、エリア店舗に電子ポイントカードを導入」
 このシステムの大きな特徴は、クレジットカード端末を使いながら、現金払いでもポイント管理を可能にしたという部分です。現金払いが中心となる日常の買物でもポイントが貯まるので、会員の利便性は一段と高まっています。ポイントカードの発行・運用・会員管理業務、データの分析・マーケティングは、個人の動向や購買を中心としたパーソナルマーケティングが行えるので、新たなる広告手法が今始まるところと言えましょう。


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 愛知県の不正経理問題を問う。 | トップページ | ビーシープロダクツ株式会社の事業観 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/43191374

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントを中心としたパーソナルマーケティング事業:

« 愛知県の不正経理問題を問う。 | トップページ | ビーシープロダクツ株式会社の事業観 »