« 日本の農業を考える。その2 | トップページ | 小室 哲哉氏を考える »

主体変容

天命に安んじて人事を尽くす。 (朝礼スピーチ例)渡辺真人

「社訓は主体変容」
主体変容とは、周りの人や身の周りの環境は自分の意思で推し進めても思ってもなにも変わらない。だから先ず自分を変えることから始めようと言うことです。自分を変えるとは、日々の行動を変える主が自分自身なのです。継続が難しい身の回りの整理整頓や掃除から、周囲への感謝、仕事への取り組み。今始められる事を続けることがスタートです。我が社では主体変容の精神を大切にしています。

「二宮尊徳の主体変容」
薪を背負って本を読む銅像で有名な二宮尊徳は「勤労を以て主となす。」と言っていました。そして「農民の耕耘なければ次年の衣食なし、工匠の勤労無ければ、諸舎建造されず。我が道は、至誠と実行のみ」とする主体変容を実践されました。また、松下幸之助翁は日ごろより、「人生の幸福は、主体変容がもたらすもの」と言っており、日々不断の仕事が生きるうえでとても大切と広げられていました。

「人事を尽くして天命を待つ。」
この言葉において、主体は自分であります。大変能動的で前向きな言葉です。が、少し奢りがあります。周囲や環境が必ず変わる保証はありません。世の中は自分がやっていれば必ず報われるものではなく、本来は「天命に安んじて人事を尽くす。」と考えています。天命に安んじるとは、天より見て貰うだけで、自分の素直な心で正しいと思うことを仕事とする。正しいと思うことには誰1人も答えはなく、天が黙って嘉してくれる。運命には受動で楽観的に付き合うものと私は考えます。

「天才は1%のひらめきと99%の汗」
エジソンはひらめきを重視していました。そこで言った言葉が、「Genius is one percent Inspiration and 99 percents Perspiration」。この言葉は、「人事を尽くして天命を待つ。」のように世間的に受け止められていますが、エジソンの意図は「1%のひらめきがなければ全ての努力は無駄である」との発言と言われていますし、そう自分も考えています。世界の努力天才であったエジソンの99%努力も、ひらめきなる運がなくば、無となっていたと言いたいはずです。つまり、「天命に安んじて人事を尽くす。」がエジソンの真意と思っています。

「孔子の言葉」
子曰く、「五十にして天命を知る。」地上にある不幸や悲しみを自分の近くから少しだけでも良い、出来るところから減らして行こう。こうした考えを天から与えられた使命として自分に課した言葉でしょう。天命に安んじた孔子は今なお、人々の心に希望を見出し、徳を社会に広げています。主体変容はやがて社会を変えうると見ています。自分自身も天命に安んじて主体変容に仕事を進めていきます。

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 日本の農業を考える。その2 | トップページ | 小室 哲哉氏を考える »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/42974683

この記事へのトラックバック一覧です: 主体変容:

» 読書の秋と、感謝の言葉。 [082_department.]
ここ一ヶ月本ばかり読みまくってました。このトコロ買った本達をズラっと並べて写真が撮ってありますが(極一部、ステキなモノ盛沢山の雑誌も…)、この読書月間の始まりは、1年以上前に買ってそのまま読んでいなかった「天井男の奇想」って本を部屋の片付けしている時に発見...... [続きを読む]

受信: 2008.11.06 00:36

« 日本の農業を考える。その2 | トップページ | 小室 哲哉氏を考える »