« 心が感じる絵画 | トップページ | 北京オリンピックと中国政権 »

新規事業の構築

蔵人とは

「ビジョン」
新規参入困難なクレジット決済ネットワークを利用し、日本カードネットワーク(JCN;JCB系Jet-S端末運用ネットワーク企業)のポイントセンターとして、現金ポイント処理センター運営のナンバーワン企業となることを目指しています。

「3つの方針」
1、ポイントカードシステム事業を発展させるため、独自技術によるデータセンター運営・構築を行う。クレジットカード会社に認められた実績経験と多数のノウハウを持つ強みを活かし、競合他社を上回るシステム・インフラを使い、個別システム開発を提供します。
2、顧客個人データにおいては、金融機関並み個人情報の保護、外部不正アクセス対応、災害による機能停止対策などのセキュリティ対策を実施、安全・安心を向上させます。
3、これらのインフラを基盤とし、個人の売上情報を基にしたDMを軸に新たなマーケティング手法を用い、参画クライアントの売上向上を図る。 既存マーケティングと異なる手法でのクライアント広報業務発展を推進します。

「取扱業務」    
・インターネットに拠らないオンラインによるポイント加減算受託処理センターの運営
・ポイント利用端末の設置。このインフラを使った送客・誘客による売り上げ向上支援業務
・ポイントカード発行・運用・会員管理業務受託
・地域会員組織の活性化支援業務

「対象ユーザー」  
独自のポイント発行を行う量販店、ショッピングセンター、ホテル、小売店、ゴルフ場、通販、ネット通販等個人の囲い込みを図る企業、個人消費者に向けた商品を持つメーカー・商社・サービス業・小売業等や多くの会員を持つ組織(会員利便性を向上を目指す団体等)・公共団体等をユーザーとします。

「独自性」
ポイント収集の端末として、最先端のCCT(Credit Center Terminal)=クレジット決済端末であるJET-S端末を活用しています。JET-S端末は全てのクレジット決済(VISA・JCB・MASTER、AMEX等の全てのカードを処理)と各種非接触電子マネー、デビットカードなどの決済に対応している専用端末機です。JET-S端末で稼動できる汎用現金ポイントセンターサービスを展開しています。

「運用方法」
会員が持つ現金ポイントカード(クレジット提携カード・ポイントカード一致カードのあり1枚化も可能)を、クレジット端末(JET-S端末)に通し、会員の買上金額に応じたポイントをJET-S端末で自動算出、 JET-S端末からオンライン通信処理でポイントセンターに送信してポイントの加減処理を行う仕組みです。
ポイントセンターでは“いつ・どこで・誰が・いくら・何ポイント”の明細データを会員データベースに格納します。そして会員入会申込書に記載されている個人情報をデータベース上で照らし合わせることが自動的になされるため、店舗(ユーザー)は会員買上動向を把握し、販売促進に必要な分析を利用できるのです。
店舗は自前のサーバー設置やソフト開発が不要で、自前でシステムの稼動維持の専任者を配置する必要もなく、導入簡易で低コストにて自社ポイントサービスを運用できます。

「事業展開」
競合者として、2008年6月にリクルートが「ポイコ」カードで同一方式にて追加参入したことにより、市場の認知とさらなる拡大が見込まれます。これより、日本における1番のポイント運用企業を目指し、展開してまいります


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 心が感じる絵画 | トップページ | 北京オリンピックと中国政権 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心が感じる絵画 | トップページ | 北京オリンピックと中国政権 »