« 8月15日、日本を考える | トップページ | 北京オリンピックの感想;プロについて »

オリンピックの歴史。歴史は繰り返す?

ベルリンオリンピックと北京オリンピックの比較

「ベルリンオリンピック」
1936年、ナチス政権が、首都ベルリンでドイツ国家の威信をかけて開催したオリンピックをナチス政権のプロパガンダと捉えています。当時ユダヤ人迫害政策を進めていたナチス政権は、このオリンピックを開催のため、オリンピック誘致と開催期間に限り、ユダヤ人迫害政策を緩めた記録が残っています。さらにあのヒトラーが、有色人種差別発言や黒人に対する差別発言を抑え、国の政策を一時的に変更してまでオリンピックを導きました。ベルリンオリンピックは、「ドイツ民族の優秀性」と、ナチス政権の権力を世界中に見せつけるオリンピックだったのです。

「北京オリンピック」
2008年、共産党政権が、首都北京で中国国家の威信をかけて開催したこのオリンピックは中国共産党のプロパガンダと言えます。現在もチベット人迫害政策を進める政権は、このオリンピックを開催したいがために、誘致期間に、チベット人迫害政策を緩めたため、チベット騒乱が発生しました。それでも共産党政権は報道制限を抑え、国の政策を一時的に変更してまで、オリンピックを導きました。北京オリンピックは、「漢民族の優秀性」と、共産党政権の権力を世界中に見せつけるオリンピックになりそうです。

「斬新な企画」
ベルリンオリンピックでは、宣伝効果を高める斬新な企画を実施しました。古代オリンピックの発祥地オリンピアにて五輪聖火を採火し、開会式のメインスタジアムまで運ぶ「聖火リレー」が初めて実施されました。また、記録映画も作成され、「ナチス党のお抱え監督」レニ・リーフェンシュタールの記録映画である『オリンピア』は1938年のヴェネツィア国際映画祭金賞を獲得しました。

「最新の運用」
北京オリンピックでは、宣伝効果を挙げるため、世界中で過去最大規模の「聖火リレー」を実施し、世界で波紋を巻き起こしました。開会式では合成画像や吹き替えも用いられ、「共産党公認」張芸謀が運営しました。彼は『紅いコーリャン』でベルリン国際映画祭金賞を受賞しました。

「ベルリンオリンピックの後」
第二次世界大戦前、ベルリンオリンピックが最後のオリンピックとなりました。3年後、1939年9月にドイツにより第二次世界大戦が勃発し、ドイツと現ロシアであるソ連が戦争をしました。そのため、オリンピックは12年後に繰り越されて、1948年にやっとロンドンオリンピックが開催されました。

「北京オリンピックの後」
第二次世界大戦後、北京オリンピックが最新のオリンピックです。オリンピック開催中、グルシアとロシアが戦争を開始しました。これをきっかけにして、次回の2012年ロンドンオリンピックが延期されず、無事開催されることを祈ります。


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 8月15日、日本を考える | トップページ | 北京オリンピックの感想;プロについて »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/42239404

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの歴史。歴史は繰り返す?:

« 8月15日、日本を考える | トップページ | 北京オリンピックの感想;プロについて »