« 設立満20周年のご挨拶 | トップページ | クレジットカードを決済する端末を使ったポイントサービスの展開 »

とてつもない日本の底力;5月12日の続き

日本「世界に良い影響」、独と並びトップ…BBC・読売調査

世論調査・支持率;以下記事は全て記事抜粋です。

 読売新聞社が英BBC放送と実施した共同世論調査によると、日本は世界に良い影響を与えていると思う人は56%で、悪い影響を与えているとの答えは21%だった。「良い影響」はドイツと並んで最も高く、「悪い影響」はドイツの18%に次いで低い数値となり、総合的に高く評価された。調査は昨年10月から今年1月にかけて34か国で行い、政治、経済、安全保障分野で世界に影響を及ぼす14か国・国際機関についての評価を聞いた。「良い影響」は、ドイツ、日本に欧州連合(EU)の52%、仏英の各50%が続いた。「悪い影響」はイランの54%が最高で、イスラエル52%、パキスタン50%も5割台となった。北朝鮮に対しては「良い影響」の23%に対し、「悪い影響」は44%に上った。米国は「良い影響」が35%にとどまり、「悪い影響」の47%が上回った。日本に対する各国の評価を見ると、「良い影響」が最も高かったのはケニアの78%。「悪い影響」は中国55%、韓国52%が目立った。(2008年4月2日09時18分  読売新聞)

前回まで日本は単独1位でしたが、今回ドイツとともに1位です。今回、反日政策を取り続ける中国が日本は「悪い影響」で55%、韓国52%が足を引っ張りました。中・韓以外の国は肯定が否定を上回っています。

以下に公開情報を入れてみます。国定教科書を使ってる国は、私の目では数字が少々課題があります。英国国営放送BBCが毎年実施している世界の若者へのアンケート調査では、日本はここ3年連続して 世界に貢献している国NO.1です。すばらしいことです。因みに英国は4位、米国は12位。産経と読売には記事が少しありましたが、朝日、毎日新聞にはなかったようです。この事実を残念ながら日本の新聞はほとんど報道しないのです。

▽世界各国の日本評価

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 設立満20周年のご挨拶 | トップページ | クレジットカードを決済する端末を使ったポイントサービスの展開 »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/41233949

この記事へのトラックバック一覧です: とてつもない日本の底力;5月12日の続き:

» 探し物は何ですか〜見つけ難い物ですか〜♪ [社会人のタマゴ]
そんな暢気な状態じゃないよ!踊らないよ! (セルフ突っ込み) 凄い大事なもの無くしたかと思ったのですよ! もー本当、先輩の言う通り、意外な処から出てきたのですよ! …見つかったとき、本当心の中では半泣きでした… 良かった見つかって…。 あぁあ皆様ご迷惑お....... [続きを読む]

受信: 2008.05.22 21:18

« 設立満20周年のご挨拶 | トップページ | クレジットカードを決済する端末を使ったポイントサービスの展開 »