« 「勉強の効用」意識調査;所得格差が生まれ、ワーキングプアが増える | トップページ | 歴史がつながっていない国、中国 »

道徳;トイレの後、手を洗わない人たち

道徳;トイレの後、手を洗わない人たち(朝礼スピーチネタ)

 最近トイレで小用を足した後、手を洗わない輩が目に付いています。
さらに先日すごい人と一緒にトイレに入りました。その方はトイレに入るなり石鹸で丁寧に手を洗い、その後に用足しをしたのです。そしてそのままトイレから出て行ってしまいました。その方は個人的に知っているので、後でその理由を聞いたら「外でいろいろなものを触り手が汚れているだろう。汚い手で自分の大事なものを触れることは出来ない。」私は驚いて聞き返しました。「ではその後手を洗わないのはなぜか?相手に失礼だろう。」その人曰く、「毎朝シャワーしていてとても清潔だから大丈夫。」この矛盾点を以下のように説明しましたが、残念ながら理解されませんでした。

 手を清める行為は他人に対する思いやりであり、古来からの文化・道徳であると思います。古来より人は便所(トイレ)は病の元があり、穢れ(ケガレ)を感じてきた場所です。生活の重要な場であり、忌み嫌う場でもありました。そのため、用足し後、手を清め人に穢れを伝えないようにしてきたのです。人々が気持ち良く生きる知恵であり習慣でした。そういった昔からの知恵を無視し、自分が綺麗であればそれで良いと言う人間が出てきました。これはとても気持ちが悪いことです。

 手を清める行為など、小さな決まり事を守らないとやがて社会が荒む(スサム)ことは、ローマ史など歴史的にも、現在のニューヨークでも実証されています。日本では江戸時代にこの心の育成を重視した藩が沢山ありました。これが今の日本文化に大きく影響しています。例にすると会津藩の「什の掟」や薩摩藩の「郷中」があります。そのため、既に江戸時代日本は世界に先駆け、非常に暮らしやすい環境であったようです。
什の掟を記載します。
一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言をいふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
少々割愛しますが、最後に、「ならぬことはならぬものです」

 「ならぬものはならぬ」まずはこのことを子供に教えていく必要を強く感じています。たとえば、「集団でいじめをする行為」「電車でモノを食べる行為」「トイレの後に手を洗わない行為」は理由を問うまでもなく人としてしてはならないことと教えていく、強い教育意志が必要です。会津藩の「什の掟」や薩摩藩の「郷中」は社会で生きるうえで大切なことを示しています。

 先週、義務教育に道徳の時間を入れる審議が停止になりました。小泉・安倍首相が推進してきた教育改革が止まってしまいました。これは福田次期首相には改革継続意志がないと教育現場の今の状況を維持したい勢力が判断したと思われます。誰も教えない、教えられたことがない人が世の中に増え、互いに生活が苦しくなることをこのまま見過ごして良いのでしょうか?「用を足した後、手を洗う。」教育法改正を掲げる議員に活動期待をします。


←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 「勉強の効用」意識調査;所得格差が生まれ、ワーキングプアが増える | トップページ | 歴史がつながっていない国、中国 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

追加情報では男性の半分、女性の3割が手を洗わないそうです。

投稿: | 2007.09.26 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/16566222

この記事へのトラックバック一覧です: 道徳;トイレの後、手を洗わない人たち:

» トーク [新社会人日記]
今日は初めてお客さんと1時間くらい話しをすることができました。今思うと初めてお客さんと話をした時はずっと緊張で同じことを何度も話していた気がします。半年たちだんだんはなすことが慣れてきました。トーク中もこれまではお客さんが一方的に話していたのですが今では自...... [続きを読む]

受信: 2007.09.25 07:56

« 「勉強の効用」意識調査;所得格差が生まれ、ワーキングプアが増える | トップページ | 歴史がつながっていない国、中国 »