« 今期の就活とわが社の面談について | トップページ | プロフェッショナルについて »

朝礼スピーチネタ:バイオエタノールガソリンについて(5月8日ブログの続き)

バイオエタノールガソリンについて(5月8日ブログの続き)

5月8日のブログ に対して、穀物の専門家から事実誤認部分の指摘を受けましたので修正し提示いたします。

 日本では石油業界の反対でバイオエタノール導入が遅れており、フランス産 ETBE(エタノール50%、石油から製造されたイソブチレンが50%)をブレンドしたものをバイオ燃料として販売開始しました。しかし多くの問題があります。EUにおいては環境、人体への安全性に疑問があったものの、厳しい規制のもとでEUは現在使用しています。しかし日本ではETBEは監視対象品目で人体の健康に問題あるとの認識があるゆえ法的にはグレー(禁止されていないが、消極的黒)であるにもかかわらず石油業界が商権を維持するために、無理に輸入販売開始したものです。法的な問題が現状解決されたかどうか不透明なままとのことです。霞ヶ関筋情報では経産省はあくまで実験用と称して、責任をとるつもりはないようで、最終的にエタノールを直接ブレンドするアメリカ、ブラジル方式をとるか、あるいはETBEを認めるか決めていないようです。
石油業界が抵抗し、石油業界がリスクをとった形となっていますが、環境省は問題視しています。法的な問題が未解決で、本件は不透明な状況となっています。朝日新聞も実態を把握しており、今後の展開次第では政治問題化する可能性があります。また残念ながら農水省と異なり、元大手石油会社発言では経産省は石油業界に対するリーダーシップはなく、業界の指導が出来ない状況にあるようです。

 穀物メジャーのカーギルは会社としてバイオ燃料に反対派ですが、何もしないわけにはいかないので、投資はしています。が、CEO声明文で会社の基本方針として食料、飼料、燃料の順で優先度を明確にしており燃料は後回しです。コンチネンタルグレインはかなり前にカーギルに買収されたそうです。それはネットワースが赤字になって立ち行かなくなったからです。アンドレはもっと前に倒産しました。(私の情報は誤情報でした。)1980年代に穀物メジャーは冬の時代を迎え、力を失っていました。

 バイオ燃料は1999年以降の石油高騰によって脚光を浴び始めました。 当時コーン価格が長期間低迷したため、バイオ燃料製造業者が大きな利益を確保できる環境になったものです。米国のバイオエタノール事業を1980年代から事業展開していたのはADMです。1990年代以降に事業の花が開きました。現在会社の経営方針を180度転換して、エネルギー中心会社とすることになり、さらにCEOをシェブロンからスカウトし、全米の25%のシェアを持ちました。多国籍大企業であるユニ・リーバー、ネスレ、カーギル、ブンゲなど食品会社は原材料価格の高騰により、食品会社業績が低下しており、基本的にバイオ燃料ブームに批判的です。畜産会社も反対派です。飼料安であったこの10年のようにはいかなくなったようです。ただし、ADMもコーン原料価格の高騰でマージンが減り、株価が下落しています。

 遺伝子組換えを握っている会社はモンサントです。モンサントが突出して 市場シェアを独占したため、世界中の化学会社が遺伝子組換え作物の反対派に回りました。その後欧州の大手生命科学会社が合併してできたシンジェンタが後を追っています。

 アメリカとブラジルは1970年前半の石油ショックからエネルギー源の多様化を政策として追求しており、現状はその成果です。EUは地球環境保全策の一つとしてバイオ燃料に注力しているものです。日本にはエネルギー戦略がなく、すべて後手後手で、ポスト京都議定書の国際的な流れに乗れない残念な状況です。農水省の取り組みは遅れていますが、2030年にガソリンの10%を国産で賄う政府の基本方針を安倍内閣は承認しており、この責任は実質農水省となっています。 地産地消プロジェクトとして、当面5万KL、ついで20万KLのプロジェクトを実現して、全国展開を図る方針です。まずは北海道におけるプロジェクトが先行しています。全農、JA新潟合弁のプロジェクトはゆっくりですが前進しています。

 この事業は世界各国すべてが自国の未利用資源を活用して実現可能な案件であり、地球環境保全のためには、その権利と義務があると言えるでしょう。

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 今期の就活とわが社の面談について | トップページ | プロフェッショナルについて »

経済・政治・国際(時事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/15082550

この記事へのトラックバック一覧です: 朝礼スピーチネタ:バイオエタノールガソリンについて(5月8日ブログの続き) :

» はまっているドラマ [福岡からこんにちは]
大学生のときは、アルバイトの関係でいつも家に帰るのが夜遅かったので、 ドラマというのはほとんど見ていませんでした 時間的に見る事ができないし、毎週録画して違う日に見るのもなんだか面倒だし… しかし、社会人になって、平日も土日も夜は大体家にいるように....... [続きを読む]

受信: 2007.05.22 23:07

« 今期の就活とわが社の面談について | トップページ | プロフェッショナルについて »