« 学生の皆様へ | トップページ | 朝礼スピーチネタ;学生の就職観について »

物理学が生活を変える

物理学が生活を変える(朝礼スピーチネタ)

物理学というと、多くの方は力学を想定されますが、今の物理学の中心は量子力学です。電子が「粒子」と「波」の特性を持つことを利用する力学です。量子力学は電子工学や物質工学を飲み込んでしまい、日々進化しています。現在物質を原子のレベルで創作できるところまで基礎科学は到達しました。そして量子力学は基礎研究段階を終え、汎用技術に生かされるところに来たのです。これから科学から技術に変わります。つまり研究から実用に向かいます。

既に生活に出回った代表的な応用技術が半導体と液晶技術です。この2つは今主に薄型テレビと携帯電話に使われ、皆さんの生活を便利にしています。早ければ来年以降、自動車や家電製品に大きく利用されるでしょう。有機ELTも商品化間近であり、太陽光発電パネルも本格稼動します。

今生活で想像がつかないことが次々と現れるでしょう。主観を述べますと、電気と物質の技術では、面照明への導入が早いと見ています。具体的には壁や天井そのものが照明になるので、既存の照明器具が不要となります。このような面照明は電気から光への変換効率が良く、熱が出にくいことも特色です。少ない電気量で照明が出来ます。究極は人工物質による蛍の光です。さらにそのまま映像端末になることも考えられます。同一の壁で発電をすることも予想されます。既存照明機器は当面残ると思いますが、超伝導物質との相乗効果により、環境に優しい照明として生活に普及していくのではないでしょうか。

これからの産業や生活では環境問題が最重要になります。そのような中、物理学は環境技術としてとても大きな役割を果たすでしょう。この認識を持つと色々な未来がぼんやりと見えてきます。医療・ロボット分野や農業分野も多くの技術が出ると思います。人類の可能性はまだ始まったばかり。想像力と新技術に期待しています。

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 学生の皆様へ | トップページ | 朝礼スピーチネタ;学生の就職観について »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/13810072

この記事へのトラックバック一覧です: 物理学が生活を変える:

» 卒業旅行 [最後の大学生日記]
お久しぶりです!無事卒業旅行から帰ってこれました。この卒業旅行で様々なことが学べたと思います。この旅行は初日から大波乱でした!(笑)バリまでは4.5時間と思っていた私たちですがなんと乗り換えなど合わせ12時間かかりついた頃にはみなぐったり!次の日は日本では出来な...... [続きを読む]

受信: 2007.02.12 16:08

» グローバル・ウォーミング。 [082_department.]
またまた仕事に関係無く、私事ネタですが(すみません…)、この三連休の初日にはフラリと白川郷などへ行って参りました。東海北陸道を使ってクルマで往復360km。天気も良かったから良いドライヴとなりました! ライトアップ期間中の白川郷は、観光バスもガンガン来ていて...... [続きを読む]

受信: 2007.02.13 16:35

« 学生の皆様へ | トップページ | 朝礼スピーチネタ;学生の就職観について »