« 朝礼スピーチネタ;判りにくい携帯電話通話料金の表示について | トップページ | 朝礼スピーチネタ;世間の常識について、歯磨き編 »

就活スピーチネタ;就職先選定のアドバイス-就活メガバンク編

就職先選定のアドバイス-就活メガバンク編

採用活動が始まったので、今後順次機会を設け、大学生就職先選定のアドバイスをしていきます。まず、傾向として、今年の大学生は大手志向がより強く、より強い安定志向が出ます。学生の多くは、大手の企業で、専門知識を積み、キャリアを踏んで独立やベンチャー系に転職する希望を抱きます。そういった中、近年人気上位ランクから外れていた「メガバンク」が今年は相当上位に現れるでしょう。まず、この銀行業界について、理系学生に対してアドバイスがしたいと思います。私自身は世間で言う理系の出身です。本来文系と理系の分類の価値はないと考えますが、敢て定義しますと、理系は言葉よりイメージでモノを考える傾向を持つ人間で卒業まで一生懸命学業に頑張った学生と思います。銀行業界においては文系中心の世界で、その折角頑張った理系の知識は生かされる場面が少ないのです。ファイナンシャルの道を目指す場合、数学が理論中心であり、生かされる面もありますが、通常業務は文系が優位な言葉の能力勝負で出世が左右されているようです。そのよう
な環境下、今年は金融システム構築のため、内部監査強化もあり理系学生の大量採用を進めています。システムの採用を強化のため、理系学生に対して本来能力の分にあわない高給を準備し、呼び込みをしています。しかし、重要なことですが、銀行にはシステムの学生を育てきる環境がないと思います。まず、古参の上司は理系技能を評価出来ないのです。次に、バブル期に採用された理系学生だった方々は、文系技能を評価され、苦しい思いをしました。そして、最近までシステムを全て外注化で進めたため、大量の理系人間を放逐しています。現在、金融システムを新規構築することになったため、再度大量に慌てて中途採用をして内部監査強化を進めて居ます。このように、銀行では技術に対する視点が短いため、腰をすえた育成は難しいのです。理系学生が技術を生かせる環境や時間がありません。技術立国の視点を持つ会社を探してください。これから自分の将来手に付く仕事のことを考え就職先を見て欲しいと思います。

←是非ワンクリックお願いします!

|
|

« 朝礼スピーチネタ;判りにくい携帯電話通話料金の表示について | トップページ | 朝礼スピーチネタ;世間の常識について、歯磨き編 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/12807404

この記事へのトラックバック一覧です: 就活スピーチネタ;就職先選定のアドバイス-就活メガバンク編:

» トヨタ強し [最後の大学生日記]
今日の朝刊て驚くべき記事が載っていた!なんとあのトヨタ自動車がバブル期をこす法人市民税を払ったということです。まあ純利益1兆円をこす大企業だから当たり前と言えば当たり前なんですがバブル当時はどこの企業も凄かったのに今ではトヨタだけ?本当に凄い!最近は大手....... [続きを読む]

受信: 2006.11.26 08:29

« 朝礼スピーチネタ;判りにくい携帯電話通話料金の表示について | トップページ | 朝礼スピーチネタ;世間の常識について、歯磨き編 »