« 朝礼スピーチネタ;911テロの考察その3 | トップページ | アメリカ合衆国について;ニューヨークのメトロポリタンミュージアムは文化の殿堂 »

アメリカ合衆国について;ボストン・古き伝統を大切にする街

アメリカ合衆国について;ボストン・古き伝統を大切にする街

アメリカ合衆国のスタートはボストンにあると思います。1600年のころ、イギリスから渡ってきた人たちが東海岸のこの辺りに到着したのです。ボストンティーパーティ事件にて、英国からの独立の舞台になったところです。

市の中心ステートメントハウスの前にはパブリックパークがあり、このあたりを中心にして、古い町並みが広がっています。夜間照明用の「ガス灯」がたくさん見受けられ、情緒ある石造り中心の落ち着いた街です。古い町並みを残すため、中心の住宅は開発制限がかかっていて、市民は窓1つ交換出来ないところでした。姉妹都市は京都と聞いて納得しました。京都より、生活レベルでの町並み保存に熱心と感じます。200年前の雰囲気をそのまま残していると思います。看板やネオンは当然禁止(東海岸は規制があります)。ただし現在、街の中を走る高速道路を地下に付け替える工事をやっていて工事だらけといったイメージを受けます。市民の方は総工費8兆円にもなる工事には疑問を持ちながらも、高速跡地が公園になることを楽しみにしているようです。
ダウンタウンに目を向けますと、クインシーマーケット(ファニエルホール)が観光の中心で、若い日本の女性はまとまって買い物をしています。古い町並みの表参道と言った感じでしょう。
チャールズリバー沿いを歩くとアメリカの北部東海岸の特色を肌で感じます。特に日本では見慣れない風景として川沿いに立派な家があるのです。水面と同じ高さに見えるぐらい平然と川沿いに佇んでいます。日本ならば当然堤防があり、堤防の外に家が密集してそこに人が住んでいるのですが、そんな雰囲気はありません。川に堤防があまりないのです。訳を聞けば、何百年も川が氾濫したことがないと言ってます。川が平らな広い平野をゆっくりと流れています。事実、友人の自宅も川のすぐ横に建ててあり、ボートが沢山自宅横につないであります。敷地は広大で、隣の家でも車かボートで行く生活でした。郊外に向うと自宅の敷地で馬を飼う風情が見受けられ、豊かさを実感できます。ついでに地震は記録によると800年前にボストンに来ていて同じ800年を経過して起こった神戸の地震は人事ではないと友人は言ってました。しかし、全般的に災害に対して暢気な雰囲気を感じる街です。MITやハーバードといった有名大学の智と歴史を持つ大人の街と言えるでしょう。

朝礼スピーチネタとして、

アメリカ東海岸の北部エリアには川の堤防があまりないのがとても印象に残ります。ポトマック川やハドソン川にもこれといった堤防はありません。

←是非ワンクリックお願いします!

朝礼スピーチネタとして、

アメリカ東海岸の北部エリアには川の堤防があまりないのがとても印象に残ります。ポトマック川やハドソン川にもこれといった堤防はありません。

|
|

« 朝礼スピーチネタ;911テロの考察その3 | トップページ | アメリカ合衆国について;ニューヨークのメトロポリタンミュージアムは文化の殿堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/11797007

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ合衆国について;ボストン・古き伝統を大切にする街:

» スーパーカーオークション [ファブリカコミュニケーションズ専務のblog]
ついにはじまりました。 Yahooさんとの提携による「スーパーカーオークション」 ウチの社長もブログ で紹介してますように、フェラーリやランボルギーニが ナント“10万円”からスタート!!! “じゅーまんえんかぁ・・・ ( ̄_ ̄ i)”... [続きを読む]

受信: 2006.09.15 15:58

» 続・チョット不思議なお話。 [082_department.]
先週末頃書いたリアルな夢の記事の続編。っといぅか、作業完了報告(笑)!祖母の着物等を、母と一緒にあちこちの箪笥から出しては広げ・出しては広げ、和室がもう着物ダラケ(笑)!(100枚は下らなかったと思われ…。)発色の美しい『塩瀬』の帯や着物、渋い色目の『泥大島...... [続きを読む]

受信: 2006.09.15 21:43

» “戸惑いの日曜日”。 [082_department.]
連休中に、三谷幸喜さん脚本・佐藤B作さん演出の東京ボードヴィルショー『アパッチ砦の攻防より“戸惑いの日曜日”』というお芝居を観てきました☆ 観劇、観劇〜(嬉)!(会場は中日劇場だったんですが、場所柄もあってか、客席の年齢層が幾分高い感じでした☆)…内容はこ....... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 00:09

« 朝礼スピーチネタ;911テロの考察その3 | トップページ | アメリカ合衆国について;ニューヨークのメトロポリタンミュージアムは文化の殿堂 »