« 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて | トップページ | 現代科学技術の危うさについて »

朝礼スピーチネタ:ロボットの世紀について

 この先新事業を起す方は、人口減少に対応する技術に着目する必要があります。

 少し時間を戻して1970年から話を始めます。1970年大阪万博が開催されました。
この万博での技術題材は1、携帯電話 2、衛星放送 3、薄型テレビと記憶しています。
当時、全て夢の技術であり、庶民には全く手の届かない遠い世界の技術でありました。それから35年経ち、3つの技術は普遍化し、誰でも持てる商品になっています。そして昨年35年ぶりに日本で開催された2005年愛知万博の技術題材は「ロボット」と感じています。人間型にとどまらず、想像力ある動きや形をしたロボットが展示され動いていました。
これから35年するとロボットが生活の中に溶け込み普遍化し、生活の重要な1部になり、便利で豊かな社会を創っていると楽しく想像しています。

また最近、NHK特集でロボットの世紀と称した素場らしい検証番組を進めています。ただ、この中で1つ重大な警告がなされていました。ロボットの軍事利用です。
この分野では知らない間に相当技術がすすんでいて、たとえば地球の裏側からのモニタ操作で、無人監視小型飛行機を飛ばし、相手を見つけると飛行機から遠隔操作でピンポイントの小型ミサイルを発射する。また筋力アシストスーツを着て、本人の肉体負担が殆どない状態にして、60Kgの武器を持って動き回る。将来は死を恐れないロボット軍団が配備されるのではないでしょうか。

ロボットの世紀に向かい、人のやさしさと叡智に期待しています。

|
|

« 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて | トップページ | 現代科学技術の危うさについて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

手塚治の世界では、現在アトムはすでに実用化されているのですが、現実にはまだそこまで到達しておりません。

とはいえ、この手の技術はアニメ作品に影響された人間が携わる事が多いらしく、アトム→マジンガーZ→ガンダムと世代が若くなるにつれて、人数も増えているようです。

投稿: 長江 | 2006.08.01 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/11137737

この記事へのトラックバック一覧です: 朝礼スピーチネタ:ロボットの世紀について:

» 深夜の再放送 [長江@営業課blog]
最近、考察的な記事が減ったので、社長から「手抜き」と言われたので、近々大作を久々にアップすることにした。テーマは・・・過去に考察した記事の続編の予定。さて、どうなるか。 で、本題。 先週の土曜日は本来出勤日だが、盆休み以外に任意に2日取得可能な夏季休暇...... [続きを読む]

受信: 2006.08.01 09:33

» 有言実行と、不言実行。 [082_department.]
まだ082部が発足していない頃の朝礼スピーチ・ネタのtxtを発見したので、そのまま本日の記事としてペタンと貼り付けてアップしちゃう姑息な私です。イヒ☆(←旭化成。) ===↓============================  有言実行。  不言実行。 この2つの四文字熟語。もと...... [続きを読む]

受信: 2006.08.01 20:13

» [ミヤタ][個人] [BCP営業部日記]
ミヤタです。 最近、友人を家に招くことが多く、喫茶店などで 話することより、自宅でははるかにゆったりと本音を 安心して話せることが何より。 整理整頓があまり得意でないので、友人に突っ込まれることも しばし。「早く収納用品を買いなさい!」と。 だって、先立つもの... [続きを読む]

受信: 2006.08.04 19:31

« 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて | トップページ | 現代科学技術の危うさについて »