« 朝礼スピーチ題材;日本について 大きく強い国の国民自覚 | トップページ | 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて »

朝礼スピーチ題材;女性の社会進出について

女性の社会進出について

日本に専業主婦が出来たのは1950年ごろからであって、そんなに長い歴史はありません。当時、サラリーマンは「エリート」の代名詞であり、その奥さんになることは外で仕事をしないで生活できる憧れの「有閑マダム」つまり専業主婦業だったのです。女性が外(社会)で働かない生活分業をはっきりさせたのが近年のサラリーマン社会です。それ以前の日本は多くの方が共働きが前提の農業に従事し、女性も一人前の働き手でありました。その社会構造を工業化社会が分業化したのです。簡単に言えば、男性が朝早くから夜遅くまで会社で集中して働けるように、女性が家業を分担する分業体制を作り出したのです。重工業ではこの方法がもっとも効率が良く、近代日本人の生活パターンになりました。男性1人がまとまって働く方が男女2名が分担して会社で働くより効率が上がるためです。ただし20年ほど前からサービス業、特に「知的産業」が増えるにつれてこの手法が通じなくなりました。さらに長期不景気により賃金カット等で男性だけの収入では家庭を維持できなくなりました。その上、人口減少と「知的産業」の拡大により、女性が働く場が用意されたことで、男女とも働く環境に戻りつつあります。他国の例を見ますと、人口が少ない北欧は歴史的に人口不足の背景があり、女性進出が進んでいます。当然女性に働いてもらうための制度がたくさんあるのです。反対に近代工業化が遅れている国や地域では今でも共働きが中心です。
女性の職場進出はかつて、もっとも先進的であった、男女分業社会が世の中に合わなくなったと考えます。女性の社会進出は今後も続き、やがて男女同業に近づくでしょう。ちなみにこの問題で原因と言われる日本の男尊女卑思想は「武家社会」つまり1割のマイノリティ社会の考えであって、江戸時代の一般人には男女差はありませんでした。この件も戻りつつあります。時間軸を伸ばすと正しい将来が考えれると思います。

|
|

« 朝礼スピーチ題材;日本について 大きく強い国の国民自覚 | トップページ | 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この社会において男女区別は当然残らないとおかしいと思います。「差別」と「区別」の取り違えが教育現場で起こっていて、男女平等だから更衣室も同じであるべきだ、といったおかしい判断の先生がいるようです。

投稿: 渡邊真人 | 2006.07.26 17:38

これからは男女平等に働ける職場でない会社は成長できないのではないかと思います。わが社も努力したいです。

投稿: 資格マニア | 2006.07.26 12:08

一般に言われている論だと思いますが、今ひとつ納得感がありません。
女性の社会進出という言い回し自体にも抵抗感があります。

投稿: Y.N. | 2006.07.20 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/11017973

この記事へのトラックバック一覧です: 朝礼スピーチ題材;女性の社会進出について:

» テレビCM広告費540億円の損失!? [ビートンブログ]
通常テレビ局の収入の多くはCMなどのスポンサーからの 広告収入にてまかなわれているということは一般常識的に 誰もが知るところです。 [続きを読む]

受信: 2006.07.20 14:30

» 携帯サイトのSEO対策☆ [082_department.]
随分と仕事に関係無いネタが続いていた事も有り(笑)、本日は『携帯サイトのSEO対策』について、今ネット上で確認出来る範囲で調べてみました☆ 携帯電話でケータイ・サイトを覗く時ってどんな時でしょう? …ちょっと前までは、既にURLを知っているサイト(雑誌にQRコー...... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 21:45

» CODECと他1題 [長江@営業課blog]
この間商談中、微妙にかみ合わない、と思った用語が表題。 当方が「CODEC」として認知していたのは、COmpression/DECompressionの略で、容量の大きいデジタルビデオファイルなどを圧縮/伸張する際に用いられるプログラム(ましくはソフトウェア)を指す。 で、先方が...... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 21:57

» [ミヤタ][個人][美術鑑賞] [BCP営業部日記]
ミヤタです。これでもか、これでもかというぐらい 長雨が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 ジメジメ、冷房の効き過ぎなどで体調崩さぬようご自愛下さい。 さて、私の趣味の1つに美術鑑賞があります。 美術館で絵を眺めて、描かれた絵について、作者について思いを ... [続きを読む]

受信: 2006.07.21 21:59

» ESに勝るCSなし [宅建に挑戦中!資格マニアの業務日誌]
今日は船井総研が開催した経営セミナーに参加するため京都まで行ってきました。 そのセミナーの中で司法書士分科会が開催され参加しました。 テーマは「ES(従業員満足)」についてでした。ESがなければCS(顧客満足)は実現できないという内容でした。 司法書士事....... [続きを読む]

受信: 2006.07.26 12:10

» WILLCOM[es]、働く。 [082_department.]
 癒し系はブームだった。ブームにはきっと終わりがあるはずだ。  ひいきかもしれないけど、働く姿が一番似合う国民は日本人  な気がする。ニュースは、働く人がつくっている。働かない人  がエライ国なんていやだ。豊かな国とは遊んで暮らせる国の  ことか?ゆとり....... [続きを読む]

受信: 2006.08.02 20:36

« 朝礼スピーチ題材;日本について 大きく強い国の国民自覚 | トップページ | 朝礼スピーチ;ユダヤホロコーストについて »