« 歴史においての基礎知識5 | トップページ | 日本人について »

歴史においての基礎知識6

日本人とはなにか?

日本人の定義を考えるため、まず、その対極に位置するユダヤ人について考えてみたいと思います。
この題材について、故山本七平氏の著作をお借りし、説明いたします。
山本七平氏の著述によると「ユダヤ人が庶民1人1人に至るまで、はっきりユダヤ教徒という自覚をもつに至ったのは祖国喪失後である。」と書かれている。
そしてユダヤ教は相当な解釈の幅があり、右翼国粋派のゼテロースから最左翼のシカリーまでいるそうです。
同じユダヤ法典を用いながら、解釈はあまりに広いのです。
それに対して日本人が頼るものは法典ではなく、「人間宗教=法外の法」といった文書では見えない、かつあまりに深く生活に根付いた「人間味教」と考えます。
それに随い派生した道義的な価値観によって日本人皆が動いているように思えます。
その上に宗派として、左右幅広く国際的な要因も持った多くの宗派があり、その先に今の「くに」のあり方が見えてきます。
未熟な私の説明を差し控え、ぜひ、
「日本人とユダヤ人」山本七平氏著 角川文庫
を読んで頂ければ、理解をしていただけると思います。
現在に至るまで、私の中ではこの研究に対抗すべき文献が見出せないで居るのです。
万が一にないことだが、もし日本人が祖国を失うとき、ユダヤ人と同じ「日本教」を自然発生させると私は感じている。
そのような時を絶対迎えないため、日本人の美しい心を育てたい。
このことを心から願ってこの投書をしています。

※ 山本七平氏著 他の書籍

日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条
Book 日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条

著者:山本 七平
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「孫子」の読み方 Book 「孫子」の読み方

著者:山本 七平
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


<歴史においての基礎知識5>←前ページ     続き→< 日本人について>

|
|

« 歴史においての基礎知識5 | トップページ | 日本人について »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/9083091

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史においての基礎知識6:

» とあるアンケート集計 [営業部雑記]
web上におけるアンケート収集とその課題に比較的適切な事例があったので、紹介したい。但し、このアンケート自体が政治的なものなので、この辺りはこの記事に反しない範囲にしたい。 で、その事例のアンケート結果のページ。設問及び応募数及び回答母数の算出についてはペ...... [続きを読む]

受信: 2006.03.06 15:44

» google_map_API で空からの旅☆ [082_department.]
本日の朝礼での1分間スピーチは、SSIさんの「GWに大井川鐵道=SLの旅を楽しんで来ました!爽やかで良かったです。皆さんも一度、如何でしょうか?」でした。SLかァ☆ ノスタルジックで良い感じカモ。ゆったり出来そうでイィですね☆ google mAP のサテライトで其の辺....... [続きを読む]

受信: 2006.05.16 19:18

« 歴史においての基礎知識5 | トップページ | 日本人について »