« 推薦図書 | トップページ | 歴史の考察 »

学生面談

先日、就職を控えた学生と面談をする機会に恵まれました。
そこで強く感じたことを書いてみます。
学生と話しをすると皆、「正解」答え1つを要望している。
これは危ういことであると感じた。
彼らが属する学校社会では正解を1つと教え、訓練するため、卒業し社会に出ても若い方の多くはいつも1つの答えを求めることになるのでしょう。
多くのもの・ことの答えは1つでなく、正解は複数あることを体得していない。
教えられていない。
よって元々右に倣えをする日本人文化の影響もあり、皆同じ捕らえ方をし、マニュアルや規定に頼る学生が増えたのでしょう。

社会に自由度がなくなる。

自分の考えに基づいた答えと、他人の答えを比べ、行動することが出来ない。
その方法があることも知らない。
その結果、ものの多様性から生まれくる活力がない。
自分の考えで行動する若者がいなくなりかかっている。
とても危ういと感じています。
会社の経営にも同じことが言えます。
従来、行なっている方法と違った切り口でものを考えたり、逆の発想でみたりする姿勢がないと、新しい可能性が開けず、その結果、会社は潰れます。
その危うさを気が付いて欲しいのです。
今、多くの人は自分で考える機会を自から放棄していることすら気が付いていない。
将来を見ないで漫然と過ごしている。
解決策の1つに前向きな対立主張を積極的言う方法がある。
が、多くの日本人はこれを苦手としています。
今出来る私の提案は類似事例を過去に求め、知り比べることです。

歴史の上に現在がある。

歴史を学べば、そこに解決策がたくさん埋もれているでしょう。
ぜひ、自分の属する社会の歴史を知って自分で考えて欲しいと思います。
次回より、歴史について考えを述べて見ます。

|
|

« 推薦図書 | トップページ | 歴史の考察 »

学生のみなさんへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/9083083

この記事へのトラックバック一覧です: 学生面談:

» りんごとケータイ [営業部雑記]
まずは本日というか昨日のカンファレンスに参加された方に御礼申し上げます。 で、昨日の続き。表題は何の捻りも無く、Apple対日本における携帯電話兼端末(以後ケータイ)の意味で。 発展の方向としては、音楽データの携帯・保存・再生に特化した形から、ハードの技術...... [続きを読む]

受信: 2006.02.10 11:33

» ちーがば [営業部雑記]
表題を見ただけでは、何の事か不明だろう。現代風に、小さな政府=Cheep Government(またはLimited Government。決してSmall以下略ではない)を勝手に縮めてみただけだ。 ちなみに「小さな政府」とは、 ・政府の市場介入を最小限に ・個人の自己責任を重視 ・国家によ....... [続きを読む]

受信: 2006.02.10 19:09

» 根拠レス [僕らの銀行応援団]
ある精神科医がコラムに書いていましたが、最近進退表現性障害という病気が増えているそうです。 胸が痛い、息が苦しい、胃が痛むなどの症状を訴えるが、いくら検査しても訴えの根拠となる原因は見つからない。 そして心配するほどの身体の病気はないと説明しても納得しな....... [続きを読む]

受信: 2006.02.12 09:27

» 健康診断の結果。 [082_department.]
先日受けた健康診断の結果が出ました☆ 毎年のように極々健康なカラダで、私ったら毎日の生活の中でカラダに負担のかかる程のプレッシャーとかストレスとかはカラッキシ無いんだろうか?などと、少々疑問が沸きもする堂々三十路のナガセです。  【ナガセの値。】  AST(...... [続きを読む]

受信: 2006.06.14 20:51

« 推薦図書 | トップページ | 歴史の考察 »