« 暦について | トップページ | 歴史においての基礎知識 2 »

歴史においての基礎知識

時間の概念

時間が正確に測れるようになったのは最近のことで、江戸時代まで1刻(約2時間)が極めて主観的に運用されていました。
たとえば、有名な「丑の刻(丑の時)参り」の時間ですが、今の時間では何時か、1つの答えがないのです。
当時は当然時計がないので、日の出を「明け六つ時」日の入りを「暮れ六つ時」とし、日中を6つに区分し、同様に夜を6つに区分して干支をあてて時間を呼んでいたようです。
日の出・日の入りは季節によって変わるため、1刻が1時間40分から2時間30分ぐらいに変動します。
つまり丑の刻は夏場AM1:40ぐらい、冬場AM2:30ぐらいとなるのです。
うらみを持って藁人形を神木に打ち付ける時間を間違えてばかりいた・・・。
赤穂浪士の討ち入り時間はどうやって計ったのか興味あるところです。
待ち合わせをもししたら1時間ぐらいの誤差は優にあったことでしょう。
昔は時間が緩やかに流れていたのです。

次回は太陰暦における誕生日を考察します。


|
|

« 暦について | トップページ | 歴史においての基礎知識 2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/9083086

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史においての基礎知識:

» マーチャンダイジング [営業部雑記]
携帯端末を使用したアンケートシステムの提案を部下及び関連部署と話をしている中で、取り上げることにした。 マーチャンダイジングとは、設定したターゲット(消費者)に対し、 1)提供物の品揃え 2)価格 3)販売形態 の3要素を小売業が決定することである。 ...... [続きを読む]

受信: 2006.02.20 18:12

» デンジャー・ゾーン。 [082_department.]
先週の木曜日(5/25)の夜、とっても身近なトコロで強盗事件が有りました(怖)! 【女子大生が強盗に縛られる 名古屋】 (asahi.com 2006年05月26日01時30分) 25日午後9時50分ごろ、名古屋市千種区池下1丁目の10階建てマンション5階の一室で、住人の女子大生....... [続きを読む]

受信: 2006.05.30 20:24

« 暦について | トップページ | 歴史においての基礎知識 2 »