« 「職」を持つことは、「誇り」を持つ第一歩。 | トップページ | 学生面談 »

推薦図書

1,「代表的日本人」 内村艦三(著)  岩波文庫 
 内村艦三が英文で世界に日本を紹介した名文庫。
 短編で読みやすい。
    写真を見る

2,「禅と日本文化」 鈴木大拙(著)  岩波新書  
 「1,4」とならぶ、英文による日本紹介文庫。日本の精神を海外
 で紹介した本である。
    写真を見る

3,「武士道」 改題 李登輝(著)  小学館
 李登輝が日本人に残したいメッセージ満載のわかりやすい本です。

4,「武士道」 新渡戸稲造(著)  岩波文庫  
 日露戦争を終結に結びつけた日本人の紹介英文文庫を和訳したもの。
    写真を見る

5,「マキュアベリ語録塩野七生(著)  新潮文庫
 ルネッサンスに書かれた文庫の現代向け縮刷版

6,「アメリカの鏡・日本」 ヘレンミアーズ(著)  メディアファクトリー  
 マッカーサーが発売禁止にした戦争責任分析文書。これはすごい内容
   である。
    写真を見る

7,「敗北を抱きしめて」上下巻 ジョンダグー(著)  岩波書店  
 「6」の文書の補完的文書

8,「ローマ人の物語 」全11巻 塩野七生(著)  新潮社
 ローマ1000年の物語。これは時間がかかる本だ。

9,「最終戦争論」 石原莞爾(著)  中央公論新社  
 北満州事変の張本人が考えた日本の姿。学校で知っていることとは違い
   すぎる。
    写真を見る

10,「日本はなぜ敗れるのか」 山本七平(著)  角川書店
 日本軍はかくも弱い組織であった。
 なぜ、帰還兵は敗戦を語ろうとしないのか、わかりやすい本である。
    写真を見る

それぞれの逆説に沿った本の紹介です。


|
|

« 「職」を持つことは、「誇り」を持つ第一歩。 | トップページ | 学生面談 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/9083082

この記事へのトラックバック一覧です: 推薦図書:

» 携帯電話と小型ミュージックプレイヤー [営業部雑記]
昨年の事だが、携帯電話のキャリアをAUに変更した。 それまでの機種が携帯カメラ+メール機能しかない事を思えば、現行の機種は0円購入ながら、様様な機能が付いており、合間の時間つぶしに携帯を使っている事が増えた(逆に言えば、周りを見る時間が減ったという事なので....... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 02:48

» りんごとケータイ [営業部雑記]
まずは本日というか昨日のカンファレンスに参加された方に御礼申し上げます。 で、昨日の続き。表題は何の捻りも無く、Apple対日本における携帯電話兼端末(以後ケータイ)の意味で。 発展の方向としては、音楽データの携帯・保存・再生に特化した形から、ハードの技術...... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 00:41

» ジャック・ザ・ドリッパー気取り☆ [082_department.]
アート全般、恐ろしく浅ーーーく大好きな私ですが、モダン過ぎるアートを前に解説を紐解き「そ、そんなに深い意味がっ…」などと吃驚し、ギャップにクラクラするのが大好きです(笑)。 クラクラ・アートの一例としては、ジャクソン・ポロック。ジャクソン・ポロックは、....... [続きを読む]

受信: 2006.06.08 20:20

« 「職」を持つことは、「誇り」を持つ第一歩。 | トップページ | 学生面談 »