« 歴史においての基礎知識 2 | トップページ | 歴史においての基礎知識4 »

歴史においての基礎知識 3

宗教における暦について

キリスト教圏では当然のことながら、「西暦」と言います。
それ以外に多くの暦が世界には運用されています。
イスラム圏は今でもイスラム暦を用いています。
中華民国は民国暦、小乗仏教は仏暦、ユダヤ人はユダヤ暦、日本には皇紀と元号があり多種多様な暦が現在も利用されています。
そしてイスラム暦は1年が365日ではなく、354日のため、いつも正月が徐々に前に進んでいます。
ユダヤ暦を使わないユダヤではAD(主より)の代わりにCE(Christian Era=キリスト教期)といいます。
今の日本人が世界で1つと見ている暦も世界ではここまで多種多様なのです。
以前にもブログにて表明しましたが、万物の答えは1つではありません
自分の考えを持ち、意思で暦を選ぶことで、日々利用している暦から解き放たれ、時間が変えられるのです。
各人は皆自分を基準にした暦を持つことでもっと自由な視点を得ることが出来る。
と広く知って貰いたいものです。

<歴史においての基礎知識 2>←前ページ     続き→<歴史においての基礎知識 4 >

|
|

« 歴史においての基礎知識 2 | トップページ | 歴史においての基礎知識4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

C.E.はCommon Era(共通暦)の略という説もあります。

投稿: 長江 | 2006.02.21 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170494/9083088

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史においての基礎知識 3:

» 失敗に学ぶマーケティング [営業部雑記]
今日もビジネス本の紹介、ではなく近日公開と某氏に約束していたネタで。 具体的に何の話かといえば、娘の夢中な「たまごっち」のことである。 今更ながら「たまごっち」について説明すると、1996年冬にB社から発売、翌年には社会現象になるほど爆発的な人気を誇り、一時...... [続きを読む]

受信: 2006.02.21 11:14

» 此処でも、ダ・ヴィンチ・コード☆ [082_department.]
アチコチのblog、web日記等に「見ました!」とのコメントが氾濫中の映画=『ダ・ヴィンチ・コード』。(←公式HP、アナグラムのクイズなども沢山載ってて、楽しめます。)ナガセも早速観て参りました☆ 予想はしていたけれど、チケット売り場に長蛇の列が出来ていて、ビック....... [続きを読む]

受信: 2006.05.22 19:44

« 歴史においての基礎知識 2 | トップページ | 歴史においての基礎知識4 »